看護師転職-苦手意識を持つ前にまずは挨拶から始めてみよう!

職場に限らず、学校やサークルなど人が集まるところではとかく「人間関係」で悩む心配があります。自分とは別の人格なのですから、ウマが合う人もいればそうでない人もいるのは当然のことですが、できればなんとか普通の関係を保つことが理想ですね。

看護師の世界で大きな悩みのベスト3に必ず入っているのが「人間関係」です。看護師に限らず、どんな仕事をしていても苦手な人が全くいないなどということは、ないのではないでしょうか?

ただ看護師という職業が他と大きく違うのは、人の生命に直接かかわる業務であるという点です。ですからほかの職種にくらべ責任感の強さや積極性が求められる職場ですし、そのような人が多く集まる職場であるといえますね。

性格的にソリが合わない、考え方に共感できる部分が少なく苦手だと思い込んでしまう以外にも、言い方がキツイとか反応が鈍い、遅い、上から目線な態度などで「この人苦手…」という意識が植え付けられてしまいます。

しかし、いくら苦手とはいえチームワークが不可欠な職場環境なのですから、コミュニケーションをとらないわけにはいかないのが現実です。

では、どうすれば良好な人間関係を築くことができるのでしょうか?現役で活躍している看護師に聞いてみましたので参考になさって下さい。

まず、あなたが苦手と思っている人のことについて、ほかの多くの人も同じように思っていることがあるということです。これは特に医師や師長など上司に対してや後輩に対してが多いようです。

医師や師長に対して苦手と意識する原因は、「感情的になりやすい」「陰険」「虫の居所が悪いと人にあたる」「嫌味が多い」「高圧的な物言い」「自分勝手」「指示ばかりで自分は動かない」などで、後輩に対しては「反応が遅いもしくは無反応」「ふてくされる」「挨拶がない、言葉使いの悪さ」「注意されるとすぐ泣く」などが挙げられます。

次に自分が苦手だと思っている気持は相手にも伝わるため、相手も苦手だと思っていることがあります。ですから、すすんで挨拶したり、積極的にコミュニケーションをとるなど関係を改善すべく努力することも大切です。

しかし、努力してみても良い結果が得られないのであれば、職場だけの付き合いだと大人の対応で割り切ることもストレスを減らすことにつながります。苦手意識が決定的になってしまう前に、気持を切り替えてすぐにできる対策を取ることが大切なようです。

メニュー

ページの先頭へ