透析医療の現場は看護師にとって働きやすい現場

誰でも仕事をコロコロ変えるよりも、同じ場所で長く働いていたいと思いますよね。 透析看護師もできれば働きやすい環境のもとで、長く続けていきたいと思っている人が多いでしょう。 特に看護師は女性が多いので、結婚や出産により家庭との両立が難しい現場ですと、退職しなくてはならないこともあります。
40代で転職する看護師の実態

特に子育て中は、三交代制で夜勤に当たってしまったり、日曜日出勤があって子どもと休みを合わせられない場合、両立するのはとっても大変です!しかし、透析施設は、三交代制ではありませんし、日曜日もお休みなのです。

透析について特に知らなかったけど、労働条件が良かったから、透析施設で働き始めたときっかけになった人も多いようです。また、このように家庭と両立しやすい環境であるため、子育てを経験している看護師がたくさんいるのです。

なので、子育てをしながらしていく仕事に関しても、きちんとバックアップされていますし、プライベートを充実させている看護師も多くいるのです。透析医療の現場自体が、プライベートと仕事のバランスを良くして働いてもらいたいと考えているようなので、どの現場よりも働きやすいかもしれませんね。

そして、子育てを経験している看護師が多いということは、家庭があってそれぞれ色々な事情を抱えているということです。だからお互いに事情を理解し合うこともできますし、チームで進めていく医療なので、助けあって働くことができるのです。

子供が病気になったりして、どうしても出勤できないこともたくさんありますよね。 そんな時でも、欠けている部分はチームで埋められる、そんな仕組みになっているから、子育て中の看護師にとっては働きやすいと思います。

もちろん、働きやすさだけでなく、やりがいもあります。透析治療を受けなくてはいけない患者さんは、合併症対策をしていなくてはなりませんが、ほとんどしていない人もいるのです。

そのような人は、足を切断しなくてはいけない状況にまで、陥っている場合が多いのです。 看護師によるケアや合併症対策により、足を切断しなくても良くなるくらい改善した人もいるのです。

ひとつひとつの看護の力は微量かもしれませんが、積み重なっていくことで、良い結果を生み出せるということが、透析医療においての看護師のやりがいだと思います。

患者さんにも感謝されますし、患者さんを笑顔にできるってとてもすごいことだと思います! 仕事とプライベートを両立させることもできて、やりがいも見つかる、それが透析医療なのです!

美容外科看護師の特徴

看護師の中には美容クリニックを職場としている人もいます。美容クリニックというと病気をかかえている人ではなく顔や身体の見栄えをよくしたいと願う人達が訪れる場所になります。ですから患者さんに対する対応も、通常の病院勤務とは異なるのです。

病院というよりはエステに近い感覚で訪れる人も多いので、 看護師もサービス業に近い対応を必要とされることがあります。 来院する人はコンプレックスや悩みを抱えている人がたくさんいますから、 その人達に対する心遣いも大切です。 ですから美容クリニック独特の対応方法を身に付ける方法があるでしょう。

美容クリニックの看護師として働くメリットとしては、 勤務時間が一定しているということがあります。 他の病院とは違い、急患の対応や緊急手術などもありませんし、 夜勤もありません。

次から次へと患者が訪れるクリニックなどは忙しいこともありますが、 時間がくれば業務を終えて帰宅できるので、退社後の時間を 有効に使いたい人にとっては良い職場だといえるでしょう。

美容クリニックで働きたいなら、募集しているクリニックを見つけて 応募してみましょう。 もし複数の人が応募してきた場合、採用の基準はクリニックによって違います。 対人能力の高さを求める所もありますし、これまでの病棟経験を問う所もあります。 また美容クリニックですので、美意識が高いかどうかチェックされるかもしれません。

業務内容としては、治療に関わることだけではなく受付やカウンセリングも 行うことがあります。 またエステティシャンに近い業務を行うこともあるので、 お客様に快適に過ごしてもらえるような心がけも大切です。

一度きりの来院ではなく、コース契約で何度も足を運ぶ方もいますので、 リラックスしてもらいながら施術を受けてもらえるようにしたり、 お客さんと良い関係を築く努力も必要です。 世間話などはしながらも、あまりプライベートに踏み込みすぎないなどの 配慮も必要になってくるでしょう。

老健で働く看護師の仕事内容

老健とは介護老人保健施設の略称ですが、ここでも看護師が 活躍しています。 高齢者向けの介護施設にはいくつか種類がありますが、 老健はもともと病気治療をしていたけれど、今は状態が落ち着いていて いずれ自宅に戻るまでのリハビリをする人たちが入居しています。

老健にはこれから在宅で過ごすことを目標とした人々がいますから、 看護師はその人達がスムーズに自宅に戻れるように見守っていく 必要があります。

もちろん介護施設ですから基本的には介護士が介護を行います。 看護師は入居者のバイタルチェックや薬の管理などを行うことが 仕事の中心になります。 また病院へ行く時に付き添ったり、緊急時には救急車を手配したり する必要も出てきます。

老健に入っている人は深刻な病状の人はいませんが、もともと病気をしていた人も 多いですから、健康状態には常に気を配る必要があります。 何か変化があった場合は見逃さないようにしなければなりません。

介護老人保健施設では看護師以外にも介護福祉士や理学療法士などが 働いています。 病院勤務とは違い、看護師は少数派なので、人間関係の難しさを 感じることがあるかもしれません。

普段の介護業務は介護士が行いますので、利用者との関係も どうしても介護士がメインとなり、看護師が意見しづらいと 感じることもあるようです。 ただし看護師には看護師しかできない医療行為を行うことができますから、 利用者にとってはなくてはならない大切な存在です。

そのことを認識し、やり甲斐を持って仕事に取り組むと良いでしょう。 老健で働く場合は夜勤があります。 介護士が複数いても、看護師は夜勤の時に一人になることも多いので、 病状の判断を一人で的確に行わなくてはなりません。

経験が少ない看護師では対応できないかもしれないので、 病棟で経験を積んだ看護師が転職して老健の看護師になることが 多いようです。 老健で働きたいという希望を持っている場合は、看護師専門の 転職サイトで相談すると、条件に合った職場を探してもらうことができます。

メニュー

ページの先頭へ